ベルリンのタクシー


ベルリンのタクシー営業は色々規定が厳しいようで、ぼったくりなど悪質なトラブルは少ないです。なので過剰な警戒は不要かと思いますが、「日本ではない」という最低限の意識を忘れずに、基本的な事は頭の片隅に覚えておいて下さい。

 

外国人ドライバーも多く、たまにすごいなまりの英語・ドイツ語の人もいてコミュニケーションに不安を感じることがありますので(私の英語・ドイツ語もひどいですが・・・)、念のためホテルなど行き先の名称と住所を書いた紙も用意してドライバーに見せるのが間違いないでしょう。ナビのあるタクシーも増えてますので住所を渡せば行き先を確認してくれます。日本同様に料金メーターがあり、後部座席からも見やすい設置になっていて安心です。

正規営業のタクシーはクリーム色っぽい車体で車体上部にTAXIの表示があります。ドアなどが広告になってるものも増えてますが、ベースはクリーム色です。また、後部窓には登録番号(4桁)の黄色のシールが貼られてます。この番号は現在8,000番以下との事です。

空港やホテル前の正式なタクシー乗り場から乗る場合はあまり心配はありませんが、市内の観光地には白タクが狙ってることもあるので、乗る前にちょっとでも不安を感じる場合は次の3点をまずはご確認下さい。


①車体はクリーム色か?
②屋根に黄色の「TAXI」というタクシーサインがあるか?
③後部窓に8000番以下の番号が貼ってあるか?


あと、ベルリンに限らず(日本でも)白タクは先に料金交渉してきます。どこまで行きたいか聞いて来てそれなら◯ユーロだ、と。料金交渉してきたら、もし安くても利用はやめましょう。犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性を考えましょう。


乗る側の注意としては、ドアは手動、後部座席に乗る、乗り込んだ時に料金メーターがゼロになってるか確認、ドライバーも客も車内禁煙、降りる時は「Danke!」の一言を忘れずに!

  

私はベルリンで白タクに遭遇したことがありません。そもそもタクシーを利用する機会が少ないせいかも知れません。それだけベルリンの市内交通は充実してて、観光客でも利用しやすい仕組みとなってます。 

 

 


 

タクシー料金

料金改定などもありますのであくまで目安としてお読み下さい。

(下記は2019年7月時点の情報です)

 

初乗り料金:4€(1kmまで)
*最初の7kmまでは 2€/km、7kmを超えると 1.5€/km

以下の追加料金が設定されています。

・スーツケースなどの大型荷物、1個あたり €1.0

・クレジットカード払い(現金以外)、€1.5

・空港からの乗車、€0.5

 

なお、タクシーも「チップ」が必要です(強制するものはないですがマナーとして)。レストランなどと同様に10~15%が目安となりますが、チップに慣れてない日本人は、チップ計算でもたもたしてしまうとそれも迷惑なので、基本は端数切り上げが良いと思います。例えば空港から中心地まで€45くらいで追加料金と合わせて47€と請求されたら「はい、50ユーロね!」と笑顔で渡せば、€3はチップだな、と理解してくれます。

 

また、タクシーに限った話ではありませんが、おつりが欲しい時はハッキリ伝えましょう。

例えば支払が€22だけど細かいお金がなくて€30を渡す場合、€8のチップは多すぎますので、

€30を渡しながら「25ユーロで」といえば、€5のおつりを渡されます。チップを含めて支払いたい金額をハッキリ伝えれば、ちゃんとおつりを渡してくれます。